上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
制作と直接関係はないのですが、
10月20日から我が家には犬がいて、一緒に暮らしています。
でも、うちの犬というわけではなくて預かっています。いつまで預かるかは未定です。


日本では毎年数十万頭もの罪のない犬猫が、
飼う人がいないというだけの理由で殺処分されています。


chibawanba05.gif
ちばわん
ちばわんは、主に動物愛護センターに収容された犬猫を引き出して保護し、再譲渡する活動をしているボランティア団体です。
ちばわん 愛護センター・リポート


cindy_12_400.jpg


毎日このシンディに癒されて、
私のほうが、シンディとちばわんのサポートにお世話になっています。
スポンサーサイト
2010年1月6日(水)~1月25日(月)

代官山のショップArts Rushの企画展『ハッピー代官山動物園』展に参加します。今回、作品画像をDMに使っていただきました。DMの作品「花いぬ」他、「いきもの」などたくさん出展しています。12月の作品展を見逃した方やもう一度ご覧になりたい方はどうぞ。

happyDM_20100106173455.jpg
アートラッシュ企画展Vol.118『ハッピー代官山動物園』展

Arts Rush アートラッシュ
渋谷区恵比寿西2-14-10トゥワォン代官山103 tel:03-3770-6786
am11:30~pm8:00 (月曜日pm5:00まで) 定休日 火曜日(入場無料)

=参加作家=
あべ夏(造形)
うえだしげこ(イラストレーター)
キッタヨーコ(硝子&金属)
きりえや(切り絵)
なりた麻美(デジタルアート)
ぬいぬい(アート装飾)
Noe(造形)
Bird Deco(造形)
manenine_saigo_t.jpg
DM「最後の家」

新宿眼科画廊には4つのスペースがあり、この期間はそれぞれのスペースで展示が行われました。
手前の広いスペースではペインター加藤俊介さんとしんぞうさんによる二人展『男女2人新宿絵画物語』、私の展示スペースの向かい側では武居もと子さん『遭遇』、奥のスペースでは新宿眼科画廊5周年記念展『exceeds it!』という、とっても素敵な会期にブッキングしてもらえて緊張&興奮でありました。

dmkabew.jpg


今回の展示タイトルでもある「最後の家」
zentai.jpg
当初の計画では実際に作品の中に入って楽しんでいただきたいと思っていたのですが、体調不良と計画不足のため作品の内側はお見せすることができませんでした。期待してくださっていた方がいたら大変申し訳ありませんでした。

今回もたくさんのいきものがいます。
migi2w.jpg


toritatiw.jpg


新作「ごとうさんシリーズ」
gotow.jpg


展示にかかわってくれたみなさんに感謝します。おかげさまでどうにか形にすることができました。どうもありがとうございました。

burasagari2w.jpg


ーーーーー
今回の展示について

制作過程において、ふと悩む事があります。
子どものおもちゃにもなり得ない、機能的にも役にたたない、取るに足らないものを生み出しているのではないか、
化学繊維でできたファー素材を多用して、土に還らないゴミを生産しているのではないか、、、

ある日、路上生活者がひとかたまりの荷物を引きずりながら歩いているのを目にしました。
荷物はダンボールや衣類などの家財道具。そこにひとつの薄汚れたぬいぐるみがぶら下がっていました。

その薄汚れたぬいぐるみを見て、救われた気持ちになりました。

この出来事をきっかけに、今回の個展「最後の家」の構想が始まりました。
素材として周りの人々から集められた古着なども利用し、最後に住むための家を作ります。
ぬいぐるみが衣食住と共に大切な存在になり得ると信じ、今日も制作しています。
ーーーーー

これとは別に裏コンセプトもあるのですが、これについては後々、、、

ご来場くださったみなさん、どうもありがとうございました。
またどこかでお会いしましょう!

| main |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。